ひとつテンヤ 釣り 真鯛 自作 塗装

自作ひとつテンヤ【塗装編】

マニキュアを買いに100円ショップへ

当初は塗装するつもりはありませんでしたが、せっかくここまで作ったのだから欲が出ました。

 

「鉛のままだと色気がない・・・色が欲しいぞ。しかし何色?」

 

いつものJS屋さんで色々と物色した結果、緑系と赤系に決定。
理由はあるアングラーさんの意見で「それ系の色が目立つから」ということのみです。

 

ついでにひらめいたのが、夜光のシールを貼ることでした。

 

 

今回目指しているのは年末の釣行で、比較的深場の釣りになりそうです。
大体30〜40mにもなると色の識別はほとんどできなくなります。
(あくまで人の場合で魚にはどう見えるのかは分かりませんが・・・)

 

ということは、薄暗い中で目立たせるには自ら発光する必要があります。

 

夜光塗料も売られてはいますが、お値段の割には発光力が弱い気がします。

 

 

という訳で買ってきたのが「高輝度蓄光テープ」です。
このシールは通常の蓄光シールよりも明るい高輝度タイプでかつ発光時間も長いのです。

通常の蓄光シールと比べてみると発光照度がぜんぜん違う!

 

このシールを丸くカットしてテンヤに貼ってみようという作戦です。

 

 

 

使用する塗料は、100円ショップのマニュキュアです。

 

鉛にしっかりと乗るし、筆も付属しているし、乾きも早い、色のバリエーションも多い、何よりも安いと良いことずくめです。

 

ただひとつの欠点が、オッサンが買うには勇気がいるということです。

 

 

早速、近所の100円ショップでマニュキュアコーナーを物色する。
傍から見ると、ただの怪しいオッサンにしか見えません。

 

ずらりと並んだマニュキュアをよく見ると、キラキララメ入りのマニュキュアもあるではありませんか。
「お〜これいいじゃん!」と思っていたのですが、赤系はあるが緑系がない。

 

そもそも緑系のマニュキュアってあまりないらしい。

 

よせばいいのに近くにいた若い女性店員さんに聞いてみる。
オッサン:「緑系のキラキラ入ってるマニキュアってないんですか?」

 

店員:「・・・・・そ、そこにあるだけですぅ!・・・・」

 

オッサンとかなりの距離をとりながら答える若い女性店員。

 

そうなんだ、緑系のマニュキュアって少ないんだな。
少し賢くなったオッサンなのでした。

 

というわけで買ってきたのがこのマニキュア達です。

マニキュアを買ったのは人生初だ

赤系のひとつテンヤ塗装

マニキュアってラッカー系の臭いが結構強烈です。

 

作業時は部屋の換気をしてくださいね。

 

まずは赤系のひとつテンヤから塗っていきます。

 

いきなりラメ入りマニキュアでやってみたのですが・・・

 

全然色がのらない。
そもそもラメ入りのマニキュアは半透明がベースらしい。

右が一度塗りしてみた結果。これは何度塗ってもダメそう

 

 

というわけで、通常の明るめの赤を塗ってみました。

 

 

一度塗りしてみた結果・・・かなりムラになりました。

 

「しっかり濃密!2度塗り不要!!」って書いてあるのに2度塗りしないとだめじゃん!

マニキュアは鉛に塗るのを前提にしてないからね・・・

 

 

二度塗りするとしっかりと塗装出来ました。

 

乾きが速いから他のオモリを塗っていれば、最初に塗ったオモリは乾いていきます。
滞りなく流れ作業で塗装が進んでいきます。

 

乾かす時は、収納や扉の取っ手に親鈎で引っ掛けておけばOKです。

 

 

赤のベースが塗り終わったら、せっかく買ったので赤ラメ入りも塗リ重ねてみました。

 

 

写真ではわかりづらいですが、結構キラキラしてキレイな仕上がりになりました。
赤系のひとつテンヤ完成です!

緑系のひとつテンヤ塗装

お次は緑系のひとつテンヤを塗装します。

 

 

こちらも赤系同様に一度塗りはムラムラです。

 

 

実は緑系は3度塗りしました。
深い意味はないのですが、2度塗りよりはキレイかなと・・・

 

すぐ乾くし、塗る面も少ないので、2度塗りも3度塗りも大して手間は変わらないと思います。

3度塗りしてみました

 

 

マニキュアが乾いたら秘密兵器の「高輝度蓄光テープ」登場です。
大きさが二種類あるのはオモリの号数によって貼り付けるシールを変えています。

 

 

オモリの左右に蓄光シールを貼り付けたら、シールが剥がれないように透明のマニキュアで全体をコーティングします。

 

 

透明マニキュアが乾けば完成です。

 

 

暗闇で怪しく光る謎の物体。
果たして、この発光シールが吉と出るか凶と出るか・・・
それはマダイに聞いてみないとわかりません。

結構怪しく光るなぁ〜大丈夫かなぁ〜

 

 

 

あっ!最後にオモリと水糸の接点に耐水の接着剤を塗っておきました。
たぶん大丈夫だろうけど、オモリと水糸が擦れて弱くなったりしないためにやっておきます。

 

 

これで本当に完成です。

 

 

ちなみに一番使った緑のマニキュアの使用量はこんな程度です。

全体の1/5も使っていないかもしれません。
コスパ良すぎな100円マニキュア。

 

クセになりそう!!

 

 

次の記事>>>自作ひとつテンヤ【収納ケース編】へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


自作ひとつテンヤ【塗装編】関連ページ

自作ひとつテンヤ【材料編】
出来る限り安くひとつテンヤを自作するために用意した材料はこれだ!
自作ひとつテンヤ【製作編】
できる限り安くひとつテンヤを自作してみました。作り始めるとなかなか面白く、ついつい没頭してしまいます。
自作ひとつテンヤ【収納ケース編】
ひとつテンヤを自作しました。 せっかくなので、ひとつテンヤを収納するケースも自作してみました。
自作ひとつテンヤのコスパ
苦労して作り上げたひとつテンヤ(←本当か?) コスパを計算してみました。 どれくらいの費用でひとつテンヤが完成したのだろう?