ひとつテンヤ 釣り 真鯛 自作 ケース

自作ひとつテンヤ【収納ケース編】

せっかくだからひとつテンヤケースも自作

ひとつテンヤの自作が終わり、ホッと一息ついていると、ふと思いついたのでした。

 

今回自作したひとつテンヤは、全部で12個。

 

ハテ?これをどうやって持っていくの?
適当なケースに入れると、自作したデリケートなひとつテンヤが傷だらけになってしまうかもしれない。

 

そう言えば、いつもの上州屋さんでひとつテンヤを入れるケースが売っていた。
しかも、1000円以上していたような気がする・・・

 

ケースごときにそんな大金は出せん!!

 

 

というわけでテンヤケースを作ってみました。

 

 

これはオッサン御用達、100円ショップのはがきケースです。
そもそもこのケースは、家にあったので買ってもいない。

 

 

白いスポンジみたいなものは、会社に落ちていたもので文字サインに使う発泡樹脂です。
少し硬いくらいのスポンジなので、普通のカッターで簡単にカットすることができます。

 

この発泡樹脂をケースサイズにカットし、親鈎を押しこむスリットを入れ、両面テープでケースに貼り付けただけです。

 

硬めのスポンジなのでひとつテンヤをしっかりと固定できます

 

タダにしてはなかなか良いひとつテンヤケースができました。

 

通常はこの発泡樹脂は手に入らないと思うので、ホームセンターで売っているスポンジゴムで代用できると思います。
ちなみに今回使用した樹脂の厚さは2cmです。

 

 

ケースにキレイに並ぶと安っぽさも半減か!?

 

それは気のせいか・・・

 

 

次の記事>>>自作ひとつテンヤのコスパへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


自作ひとつテンヤ【収納ケース編】関連ページ

自作ひとつテンヤ【材料編】
出来る限り安くひとつテンヤを自作するために用意した材料はこれだ!
自作ひとつテンヤ【製作編】
できる限り安くひとつテンヤを自作してみました。作り始めるとなかなか面白く、ついつい没頭してしまいます。
自作ひとつテンヤ【塗装編】
ひとつテンヤを自作してみましたが、いざ形になってみると色も塗りたくなります。 塗料は100円ショップのマネキンです。
自作ひとつテンヤのコスパ
苦労して作り上げたひとつテンヤ(←本当か?) コスパを計算してみました。 どれくらいの費用でひとつテンヤが完成したのだろう?