ひとつテンヤ 釣り 真鯛 自作 値段

自作ひとつテンヤのコスパ

自作ひとつテンヤのコスパ

今回ひとつテンヤを自作するテーマが「出来る限り安く」ということでした。

 

本当に安く出来たのか?
製作コストを計算してみました。

 

※実際にオッサンが出費した税込み金額です。
会社で失敬した材料は計算に入れていません。

 

購入材料

スイベル       173円(10個入り)×2ケ=346円
親   鈎        216円(5本入り)×3ケ=648円
孫  鈎         291円(13本入り)×2ケ=582円
ナスオモリ        216円(タックルベリーで量り売り 200gで108円)
マニキュア      108円×4ケ=432
高輝度蓄光テープ 512円

 

合計 2304円

 

水糸・スレッド(普通の糸ですが)・はがきケース・スポンジ・孫鈎のハリスは、タダで手に入れているので計算に入れていません。

 

今回製作したひとつテンヤ
15号・12号・6号オモリが各2ケ
10号・8号オモリが各3ケ
合計12ケになります。

 

オモリの号数関係なく、単純に平割で計算して、2304円/12ケでひとつテンヤがひとつ192円という結果になりました。

 

ムムム・・・
思っていたよりも安くない。

 

今回はタダで手に入れた材料もあるし、逆にまだ余っている材料もあります。なので一概にひとつ192円というわけでもありませんが目安にはなりますね。

 

これくらいの金額ならば、躊躇せずに根底を攻めることができると思います。

 

まぁ、いくら高かろうが安かろうが、マダイが釣れなければ何の意味もないわけですが・・・

 

 

でも、どんな仕掛けでも言えるけど、
仕掛けの自作は楽しい!!
ですね。

 

自作したひとつテンヤで、魚の王様マダイが釣れれば面白いだろうなぁ〜

 

でかいのが釣れちゃった日にゃ〜どうしよう?
家族で食べきれるかな〜

 

そんな楽しい未来をイマジンしていた時に、例のコヤツがこう吐露した。

 

 

 

鈎が固定されるひとつテンヤじゃなくて、誘導テンヤの方が釣れるんだよね。

 

だから、今は誘導テンヤが主流なんだよねぇ〜


 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・

 

・・・

 

いまさら誘導テンヤを自作する余力も時間もない・・・

 

今までのオッサンの苦労が走馬灯のように頭を過ぎていくのであった。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


自作ひとつテンヤのコスパ関連ページ

自作ひとつテンヤ【材料編】
出来る限り安くひとつテンヤを自作するために用意した材料はこれだ!
自作ひとつテンヤ【製作編】
できる限り安くひとつテンヤを自作してみました。作り始めるとなかなか面白く、ついつい没頭してしまいます。
自作ひとつテンヤ【塗装編】
ひとつテンヤを自作してみましたが、いざ形になってみると色も塗りたくなります。 塗料は100円ショップのマネキンです。
自作ひとつテンヤ【収納ケース編】
ひとつテンヤを自作しました。 せっかくなので、ひとつテンヤを収納するケースも自作してみました。