ハゼ釣り 竿

愛用のハゼ竿よ!さようなら〜

愛用のハゼ竿がついに!

オッサンはハゼ釣りから帰宅するとすぐに道具の手入れをします。

 

ウェーダー・ズックビク・餌入れは近所の公園の水道でよく流します。
「自分の家で洗えよ!」と突っ込まれそうですが、砂が結構ついているもんで、申し訳ないけどすぐ近所の公園を拝借しています。

 

竿やハサミはベタついた塩臭いオッサンと一緒にシャワーを浴びます。
やはりお湯で洗ったほうが塩分はよく落ちますね。

 

沖釣り用のリールやタックルは必ずお湯洗いするようにしています。
ハゼ釣りタックルくらいならお湯で洗わなくても良さそうですが、まぁ愛着があるので一緒にお風呂です。

 

 

いつものように体を洗った後に竿を分解(振り出しののべ竿なのでバラバラにします)して、中まで入り込んだ海水や砂を洗い流しました。

 

事件はお風呂を上がる時に起きました。

 

バラバラになった竿のパーツを一本一本ブンブン振って竿の中の水を出していたら・・・

 

「シャキーン!」っと中から次の継ぎ目が出てきたのです。
全て出してから洗ったと思っていたのですが、どうやら中に残っていた継ぎ目があったみたいです。

 

はじめは「あ〜残ってたんだ」くらいにしか思わなかったのですが、引っ込めようとしてもビクトもしない・・・

 

 

ムムム・・・

 

これはかなりキツくはまってる・・・

 

 

お風呂から出てグリグリやっても全く受け付けず。

 

嫌な予感がしましたが、このままというわけにもいかないので思い切って、「どりゃ!」と力を入れて引っ込めようとしたら、

 

『ミシッ!!』

 

嫌な音と感触が響きました。

 

 

「がび〜ん!」

 

逝ってしまわれました。

 

 

なんて馬鹿なことを!!
自分で自分を責めました。

 

この竿でいったい何匹のハゼを釣り上げたことだろう・・・
たぶん数千匹は釣り上げたと思います。

 

いままで釣ったハゼの感触が走馬灯のように流れる。
というのは大げさなんだけれども、かなり凹みました。

 

ずっとこの竿の予備を探していて、どこにも売っていなくて、ネットにも出ていなくて手に入りませんでした。
たまにヤフオクで同じシリーズが出品されるのですが「180」が出ない・・・
店舗でも「180」ってないんですよね・・・

 

かった上州屋さんに聞いたら、生産数が少ないらしくいつ入荷するか未定とのこと。

 

この竿を越えるものと出会えるのだろうか。

 

WANTED

小継 渓流竿 行雲流水180

 

 

 

追伸、夏の終わり頃、上州屋さんで「行雲流水 180」を大量に見つけました。

 

しかし、この時には既にミャク釣りの名竿を偶然手に入れていたので、散々迷った挙句購入を見送りました。

 

万が一、名竿に不測の事態が起きた場合は、間違いなく行雲流水を使う予定でいます。

 

 

噂(?)のミャク釣りの名竿の記事はこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


愛用のハゼ竿よ!さようなら〜関連ページ

ハゼの穴釣り用短い竿を買ってみた
ハゼの穴釣り用に1.5mの短い竿を買ってみました。想像以上に竿がしなって、面白いやら心配になるやら・・・
オッサン所有のハゼ釣り竿の柔らかさの比較
ハゼ釣りの竿が柔らかいやら、硬いやら言っていますが、どれくらいが柔らかいのか硬いのかはサッパリ伝わらないと思います。なので、比較してみました。
2017年のハゼ釣りの新竿を買ってみました
2017年版ハゼ釣りの竿を新しく買ってみました。これで4本目となりますが、なかなか理想の竿とは巡り会えないですね・・・
ダイワ「そよ風」がヤフオクで・・・
オッサンが2015年シーズンから使っているハゼ釣り用ののべ竿「ダイワ そよ風」がヤフオクで出品されていました。 思わず入札をポチットな!
2015年版ハゼのミャク釣り竿
愛用のハゼ釣り竿を折ってしまって以来、落ち込みながら初期に使っていた竿でハゼ釣りをしていました。しかし、ある日偶然の「出会い」があったのです!
オッサン的のべ竿のお手入れ手抜き風
釣りで使ったのべ竿はお手入れしないと竿がどんどん傷んできます。オッサンが毎回実践している簡単なお手入れ法をご紹介。
メタルリリアン(案)作戦
ハゼ釣りのアタリの「見える化」をコンセプトに実験してみました。ハゼ釣りの小さなアタリをどうやったらよく見えるようになるのかの一つの案をお試し。
ハゼ用のべ竿の穂先チューニング(リリアンの付け方含む)
ハゼ釣りに使っている柔らかいのべ竿の穂先を詰めてみた。ちょっと硬めにしてハゼのハリ掛かりをシャープにする作戦。リリアンの付け替えもやってみました。
折れたハゼ竿が復活!
捨てるのも忍びなかったので、何となく捨てないでいた折れた竿。 何の偶然か復活しました!