ハゼ釣り 大井ふ頭中央海浜公園 夕やけなぎさ 東京

2016年第2回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-夕やけなぎさ)

ハゼ釣りに来たのだが気になるある人物

2016年6月18日。2016年2回目ののハゼ釣りに行ってきました。
釣り場:大井ふ頭中央海浜公園(夕やけなぎさ)
天気:晴れ
釣行時間:13時30分〜15時30分くらい(干潮:10:07〜満潮16:55 大潮)
釣果:マハゼ74匹(5cm〜11cm 8cmくらいのサイズが多し )  ベビーハゼ30匹以上(リリース) ダボハゼ2匹(捨てた) 【今シーズン総釣果:186匹】

 

竿:2.0m 道糸:PE0.8号+ナイロン1号 ハリス:0.6号 ハリ:袖1号スレ オモリ:ナス1号 エサ:ベビーホタテ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

本日は仕事が午前中で終了したので土曜日午後の釣行となりました。

 

東京は今年一番の真夏日を記録。

 

 

こんな日に、しかも一番暑い時間帯に何で釣りに行かなならんのか・・・

 

しばし葛藤するが「このブログの100万人の読者のためにやらねば!」とダッシュで準備して愛車(ママチャリ)を飛ばす。

 

人間は勘違いな使命感に駆られている時が一番強い!

 

 

流石にウェーダーを装着すると現場に辿り着く前に死ぬと思ったので、短パン&サンダルの立ち込みスタイル。

 

 

現場に近づいてくると既に炭焼きの匂いがしてくる。

 

週末快晴のお昼時なので、ハゼ釣り場というよりBBQ会場になっている。

 

今日は【はぜつき磯】ではなく【夕やけなぎさ】で釣りをしようと思っているのだが、辿り着くための通路にBBQの若人達がたむろしてなかなか通れない。

 

いつもなら「オラオラ!どかんかぃ!!」とばかりにぶっ飛ばしてゆくのだが、ここまで来るのに暑さでバテてしまいそんな元気はなく、適当に避けて現場を目指す。

 

 

もうここらへんから焼き物の匂いが立ち込めてくる。はぜつき磯に釣り人は皆無だ

 

すんごい人とテントの数!年齢層はかなり若い

 

 

本日の現場【夕やけなぎさ】に到着。

 

先週、ほんのちょっとだけ釣り糸を垂れたら感触が良かったのでこっちへ来たのだが、到着した途端に萎えた・・・

 

 

予想していたことだが、砂浜はお子様たちや酔っぱらいの若人達が着衣遊泳をお楽しみになられていて、もう既にカオス状態だったのだ。

 

手前はカオスだが、奥の方のハゼが一番期待できそうな柵付近は釣りになりそうだったので安心する。

 

 

愛車を停めて、水分補給しながら一息ついているとある人物を発見!

 

フンドシがいるではないか!!

 

夕やけなぎさ手前のゾーンはカオス状態。オッサンはフンドシに敬意を払って、近くで写真を撮らないようにしている

 

 

この人物は昨年も見かけたのだが、言わずもがなフンドシ一丁&麦わらのとんがった奴(菅傘っていうのかな)を被ってハゼ釣りをしているのだ。

 

 

”フンドシ”とはオッサンが勝手につけたアダ名だが、誰が見ても同じアダ名を付けるはずだ。

 

 

恐らくその独特なスタイルから、昼間の暑い時間帯に出没するのだろう。

 

通常オッサンが釣りをする朝に見かけることはない。

 

 

 

カオス状態となっているゾーンで立ち込んで釣りをしているだけなのだが、その独特のスタイルからBBQ会場の視線を独り占めしているのは言うまでもない。

 

若人たちはフンドシにスマホを向けているので、SNSではライブ中継されているのだろう。

 

「珍獣発見!」とか「ベストフンドシストがこんなところに!」そんな感じだろう。

 

 

 

しかし、フンドシはそんな周囲の視線などものともせず、黙々と釣りを続ける。

 

 

古来、フンドシは日本のマリンスポーツにおいて正装であったはずだが、残念ながら21世紀においてはある種マニアックなスタイルに落ちぶれてしまったのは否めない。

 

 

神々しくてオッサンとしてはとても声をかけられないのだが、若い女子は何かキッチュなものでも見つけたような感覚で気軽に声をかけている。

 

もちろん片手にはスマホをスタンバイしながら。

 

もしかしてフンドシはコレを狙っているのか・・・

 

フンドシ!なかなかの手練である。

 

 

 

しかしモノホンは良いものである。

 

チャラい若造なんぞには決して真似できない重厚さと威圧感を持っている。

 

女子は気軽にフンドシに近づくが、男子は近づくことさえままならない。

 

 

 

 

フンドシは下半身はおろか場合によっては胸くらいまで水に浸かって釣りをしている。

 

だから気温・水温の高い昼間にハゼ釣りをしているんだろう。

 

これが朝方だったら心臓麻痺でも起こしてご臨終してしまうかもしれない。

 

 

しかし、フンドシ姿で死ねるなら本望だろう。

 

このスタイルで土左衛門になればマスコミは黙っちゃいないはずだ。

 

 

こうなれば【夕やけなぎさ】どころか世間の話題を独り占めだ。

 

フンドシ!生きているのが非常に惜しい男である。

まだシーズン初めは厳しいハゼ釣り

フンドシでここまで話を引っ張るのも読者に申し訳ないので、話をハゼ釣りに戻す。

 

 

夕やけなぎさでハゼが一番期待できる柵際が開いていたのでそこに陣取る。

 

お隣の方に「釣れますか?」と伺うと、「アタリはあるんですけどね〜」という返事。

 

これは”ハリ掛かりしない”という意味と推察されたので赤ちゃんハゼの猛攻を覚悟する。

 

こちら側は静かなので釣りになる

 

夕やけなぎさの一等地「柵際ポイント」

 

今日は短パン&サンダルでの立ち込み。ウェーダーなんて着てらんない!

 

 

ホタテエサを大きめに付けて第一投。

 

予想通り赤ちゃんハゼの小さなコツコツが続く・・・

 

 

しばらくアワセを入れずにそのまま喰わせておくと、道糸がス〜っと横移動したのでアワセてみたが空振りに終わる。

 

こんな調子で3回立て続けにエサを持っていかれる。

 

「ムムム・・・今日も厳しいかもしんまい!」

 

 

4投目にしてやっとハリ掛かりした。

 

小さい唐揚げサイズだけど、夕やけなぎさではスタンダードサイズだと思う

 

 

続いて次もハゼがあがってきた。

 

少しだけサイズアップ!

 

 

まだシーズン序盤だからかもしれないけど、例年なら柵のすぐ脇が型も数も釣れるはず。

 

しかし今日は柵際ではさっぱりアタリが来ない。

 

柵から1mくらい離れるとアタリが来るんだけど、どういうことなんだろ・・・

 

 

 

まぁ、釣れないもんは釣れないのでアタリのあるホットスポットを探してゆく。

 

基本的にどこに落としても赤ちゃんサイズのアタリは来るのだが、7〜8cm以上のビクに入れられるサイズが集まっているスポットを探さなければならない。

 

 

これは絶対ではないのだけれど、ある程度サイズが似通っているハゼが群れていることが多く、型のいい群れを探せれば面白い様に釣れるのだ。

 

 

本日のワンポイント【ダメなポイントで粘らない】

 

ハゼの多くは群れで移動しています。

 

その群れをしっかり捕まえてそのポイントに落とせば何匹も連チャンできますが、群れじゃないところに落としてもアタリがないか釣れても単発になります。

 

ハゼの群れは似た者同士が集まっていることが多く、サイズが小さい群れだったり大きいサイズの群れだったりします。

 

釣り人は大きいサイズをご所望でしょうから、そういう群れを丁寧に探して下さい。

 

釣れるからといって小さいサイズの群れで粘ってもサイズアップの望みは薄いです。

 

ハゼ釣りの一番のツボはマメな移動です。

 

大きいサイズの群れを探せられれば気持ち良い釣りができるが

 

小さいサイズの群れはつまらない

 

 

1号のハリを使っているので赤ちゃんハゼも掛かってきてしまうので、丁寧にハリを外してリリースを繰り返す。

 

スレバリを使っているから多分リリースしても生き残ると思う。たぶん・・・

 

 

今日も我慢の釣りになるが、サイズアップしたハゼがあがると喜びはヒトシオだ。

 

 

ちょうど潮がきき始めてハゼが調子よくあがってきたところで本日は納竿となりました。

 

夜に用事があるので2時間で帰らなければならない。

 

 

結局、2時間の釣行でビクに入れられたのは74匹と忙しい釣りの割にはビク内がスカスカだった。

 

思ったよりも入らなかったなぁ〜

 

 

まだ最大サイズは11cmといったところ。コイツ暴れるから砂だらけになってしまった

 

 

スタンダードは8cmといったところ

 

 

この調子だと面白くなるのは、あと2週間位先になるかな・・・

 

まぁ期待して待ちましょう!

 

 

 

 

帰り際、夕やけなぎさを一瞥するとフンドシはまだハゼ釣りをしていた。

 

彼はあのスタイルを貫くことによって、失われつつある日本のアイデンティティーに対して警鐘を鳴らしているのだろうか?

 

 

いや、何の意味もないだろう・・・・・

 

 

 

次の記事>>>「2016年のハゼ釣りはもう通常営業(2016年3回めのハゼ釣り)」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2016年第2回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-夕やけなぎさ)関連ページ

初春の大井ふ頭中央公園の便所(※ハゼ釣りではありません)
ふと、大井ふ頭中央公園に寄ったのですが、ちょっぴり景色が変わっていました。
初春の京浜運河にて(※ハゼ釣りではありません その2)
2015年に秋ハゼ釣りのメインフィールドとなった京浜運河に行ってみました。 何する訳でもないのですが・・・
2016年最初のハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2016年第1回目のハゼ釣りです。いよいよ2016年もハゼ釣りが開幕しました。今年はどんな年になるのか?最初の内容でそのシーズンが決まったりするから結構ドキドキ
2016年のハゼ釣りはもう通常営業(2016年3回めのハゼ釣り)
2016年第3回めのハゼ釣りです。ここ数日強い雨が降っていたのでハゼが釣れるか心配だったのですが・・・
2016年4回めのハゼ釣り 本日は玉砕の巻
2016年の4回めのハゼ釣りです。今回はロマンを求めてヒネケタハゼ狙いでしたが見事に・・・
2016年5回めのハゼ釣り 浪漫ではなく現実を見ようかな…
2016年5回めのハゼ釣りも大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯でやってきました。大ハゼを狙ってみたものの・・・
2016年6回めのハゼ釣りはお試しがテーマ
2016年6回めのハゼ釣りはあることをお試しするためにやって来ました。その”あること”とは・・・
2016年第7回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園 はぜつき磯)
2016年7回めのハゼ釣りは大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯で”一応”ヒネハゼ狙いでしたが・・・
2016年8回めのハゼ釣りはいつもの指定席にて
2016年のハゼ釣りは久しぶりにいつもの指定席でやってみました。今日はハゼが濃かった!
2016年9回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2016年の9回めのハゼ釣りです。何を思ったか2本バリに挑戦してみましたが・・・
2016年10回めのハゼ釣りは優雅に平日釣行
2016年のハゼ釣りももう二桁になりました。今シーズンはあと何回ハゼ釣りに行けるのか分かりませんが、出来る限り粘ってみたいと思います。
2016年11回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2016年11回めのハゼ釣りです。いつもの大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯でしたが、ハゼ釣り人が多く場所が・・・
お盆スペシャル企画 大ハゼはいずこ?その1(2016年12回めのハゼ釣り)
お盆なのにハゼ釣りする羽目になってしまったので、いつもと違うハゼ釣りをやってみようと思います。
お盆スペシャル企画 第二弾 大ハゼはいるのか?(2016年第13回めのハゼ釣り)
第一弾のハゼ釣りで見事に玉砕したので、気を取り直して次のハゼ釣り現場に移動。次の釣り場は実績もあるので期待するが・・・
撃沈のハゼ釣りとクロの逆襲
2016年14回めのハゼ釣りです。夏も終盤が見え始めハゼ釣りも渋くなり始めているのでテクニカルになってきています。
ハゼ釣りが釣れなきゃ即移動せよ!の巻
2016年年度15回めのハゼ釣りです。いよいよ夏も終わりが近づきハゼのサイズも良型揃いのハズなんですが・・・
ハゼのホットスポット探しで釣果が来まる
2016年16回めは雨天決行のハゼ釣りとなりました。個人的には雨降りはハゼが釣れるので嫌いではないのですが・・・
絶望→希望のハゼ釣り キチンとやることをやればハゼは釣れる
2016年17回めのハゼ釣りに行ってきました。いよいよ9月最後のハゼ釣り。何も考えなくても釣れる夏ハゼも終わりちょっとは考えないと釣れなくなってきます。
ハゼ釣りのエサはやっぱりベビーホタテ!
ついに10月に突入したハゼ釣り。今年のハゼ釣りもいよいよ終盤に向かって加速してゆきます。そして釣り自体も難しくなってきます。
ほろ苦い”みどりが浜”デビュー戦
久しぶりに午後のハゼ釣りに行ってきました。場所は大井ふ頭中央海浜公園のみどりが浜。初めての釣り場ですがどうなることやら・・・
逆転のハゼ釣り【まだ諦めるべきではない!】
ハゼが本当に釣れなくて、もう帰ろうとした時にドラマは始まった。ハゼはいるところにはいるらしい・・・
激渋の東海ふ頭公園
ハゼ釣りも終盤近し!今回はいつものハゼ釣り場ではなく「東海ふ頭公園」に行ってみました。はたして・・・
2016年シーズン最後のはぜつき磯
2016年年度もいよいよ最終のはぜつき磯のハゼ釣りになります。終わりよければ全て良し!とはいかないんだなぁ〜・・・
京浜運河のハゼ釣りも本番戦突入
2016年のハゼ釣りももう23回目。季節柄大井ふ頭中央海浜公園は終了したので、深場の京浜運河(八潮パークタウン前)でのハゼ釣りとなりました。
あのポイントに届かないとハゼ釣りにならない
2016年も11月に突入してますますハゼが釣れなくなっています。んが!今日のハゼ釣りは特に酷かった・・・
2016年シーズン初のハゼの穴釣り
2016年の25回めのハゼ釣りは穴釣りに行ってきました。ハゼの穴釣りの季節になってきましたが、今年は渋いらしい・・・
2016年シーズン2回めのハゼの穴釣り
2016年26回めのハゼ釣り。前回に引き続きハゼの穴釣りに例の釣り場へ行ってきました。まぁ、穴釣りは数は期待できないが・・・
2016年の京浜運河のハゼ釣りもラスト
2016年27回めのハゼ釣りはラスト京浜運河に行ってきました。ラストなので派手に決めたかったのですが・・・
数は・・・だけれど大型が来たよ〜
2016年の11月最後のハゼ釣りです。いつものようにハゼの穴釣り場へ行ってきましたが、思った以上に渋い結果に・・・
今日はハゼの穴釣日和なハズだが・・・
2016年もいよいよ12月に突入したハゼ釣り。例年ならとっくにオッサンの釣りシーズンは終わっているハズだが、ハゼが釣れないわけでもないもんで・・・
2016年30回めのハゼ釣りは穴釣りポイントの新規開拓
2016年30回めのハゼ釣りは、穴釣りポイントの新規開拓をしてきました。もうシーズン終わりという時期にハゼ釣り場の開拓というのもなんだかなぁ〜
2016年31回めでハゼサイズ自己記録更新しました
2016年31回めで釣り上げたハゼサイズの自己記録更新しました。もうこの時期なのでハゼ釣りと言っても数は全くダメですが、釣れればサイズは期待できます。
2016年32回目のハゼの穴釣りは玉砕気分
2016年のハゼ釣りもいよいよ大詰め。今年のハゼ釣りは、あと1回か良くて2回行けるかというところなので大切にしたいが、本日は良い所なし!
2016年ラストのハゼ釣り(だと思う!)
いよいよ2016年の締めくくりラストハゼ釣りです。2016年は33回もハゼ釣りに行くという愚挙をしでかしてしまいましたが、最後くらいは大漁なハズだったが・・・