ハゼ釣り 京浜運河 東京 2016 八潮

2016年23回めのハゼ釣り(京浜運河-八潮パークタウン前)

京浜運河でのハゼ釣りは本番に突入

2016年10月30日。2016年23回目のハゼ釣りに行ってきました。
釣り場:京浜運河-八潮パークタウン前(旧称:八潮団地)
天気:曇り
釣行時間:7時30分〜11時00分くらい(満潮:5:24〜干潮:10:59 大潮)
釣果:マハゼ38匹(10cm〜14cm 10cmくらいのサイズが多し) 【今シーズン総釣果:2,135匹】

 

竿:4.5m(改) 道糸:PE0.8号&ナイロン0.8号 ハリス:0.6号 ハリ:袖1号 オモリ:ナス1号 エサ:アオイソメ時々ボイルベビーホタテ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

2016年のハゼ釣りも今回で23回目となりました。

 

既に昨年のハゼ釣行記録を超えたことになりますが、「頑張ったな〜俺!」と自分で自分をほめる反面、「ハゼ釣り以外にやることなかったのかなぁ・・・」と黄昏る自分もいます。

 

 

先週でホームグラウンドの大井ふ頭中央海浜公園でのハゼ釣りが終了したので、もっと水深のある釣り場は?といろいろと考えたのですが、結局は昨年同じ頃に通った”京浜運河”に行ってみることにする。

 

京浜運河とは言ってもそこそこの延長はあるのですが、オッサンがハゼを釣りに行くのは自宅からも近い東京モノレール大井競馬場前駅の近く、八潮パークタウンの前になります。

 

 

現在では”八潮パークタウン”というちょっとアーバンな名称になっていますが、昔の名称は”八潮団地”。

 

言わずもがな70棟ほどのマンションが立ち並ぶ巨大団地なのだが、オッサン世代以上の年代に「八潮パークタウンって何処ですか?」と聞いても「へっ?何それ・・・」と返されるのがオチで、「八潮団地は何処ですか?」と聞くのが正しい。

 

”パークタウン”はそんな程度の認知度である。

 

 

 

今回のハゼ釣行は2つテーマがあって、
テーマその1:京浜運河で投げ釣りをやる
テーマその2:穂先を詰めたのべ竿のお試し
穂先を詰めた竿の記事はこちら
でございます。

 

 

 

いつもよりも大荷物で自宅を出発。

 

今日はもの凄く寒い!愛車のダボハゼ号(ママチャリ)を漕ぎ出すとすぐに「もうちょっと厚着してくればよかった・・・」と後悔した。

 

しかし引き返すのも面倒なので、そのまま鼻水を伸ばしながら立ち漕ぎで現場へGo!

 

 

思った通り、直線400m程の釣り場に3人という大盛況な釣り人がいて、身体ばかりかやる気まで凍えそうになる。

そこまで人気ないのか、ここは・・・

 

 

いつもの指定席に荷物をおろしオッサンのハゼ基地にする。

この時期しか来ないからか、この場所に先客がいたことがない

 

 

さぁ、今日は貸し切りだ!と萎える気持ちを奮い立たせて釣りの準備をする。

本当に貸し切りみたいなもんだ・・・

本日はリールで投げ釣りもやってみる

まずは投げ釣りの準備から始める。

 

いつものベビーホタテだと投げた時にホタテだけ飛んでいっちゃうもんだから、エサはぜいたくにアオイソメを買ってきた。

アオイソメを自分で買ったのは何年ぶりだろう

 

投げ釣りの仕掛けは天秤に8号の小田原オモリ、キスバリを二本付けたスタンダードそのもののキス仕掛け。

 

ハリはオッサンのお気に入りのナノスムースコート仕様の「手返しキス」の7号。

 

テンビンは知る人ぞ知る”平森プレス製作所”のキステンビン。

 

 

このテンビンは小田原オモリを付けると立つんですよ!

 

シロギス釣りならちょうど良いところにエサが漂う仕様なんだけれど、ハゼ釣りなもんでハリスにガン玉を付けてエサが底につくようにした。

 

まぁ、テンビンをコレしか持ってないから苦肉の策なのであるが、テンビン製作者が見たらガッカリするような使い方である。

テンビンが立つ!シロギスなら効果抜群なんだが・・・

 

オモリはハゼ釣りだから軽いけれど、オッサンのテンビン仕様のシロギス仕掛けそのまんまです。

 

 

アオイソメは半分にちぎってそれぞれに通し刺し。

投げたら放っておくつもりなのでエサは長めにした

 

ロッドの先には鈴を付けてアタリを感知。

昔使ったけれど、この鈴っていまだに売ってたんだ

 

 

さて準備が出来たので投げたいのだが、ハテ?何処らへんを狙えばいいのやら・・・

 

スタンダードにかけあがりを狙ってみたいのだが、それって何処らへんだ?

 

と考えていたらちょうど釣り船が近づいてきた。

 

 

この時、釣り船が何処を通過するかで、かけあがりを推測するというナイスな作戦が浮かんだ。

この時”だけ”はナイス釣り船!と思った

 

釣り船を見送り、かけあがりを推測してみたが予想よりもかなり沖だったのでほぼフルスイングすることになった。

 

ベビーホタテをエサにしてたら間違いなくぶっ飛んでいっただろうな・・・

もう一つのテーマはのべ竿穂先詰めVer.

投げ竿を自作の竿立てにセットしたら今度はのべ竿の準備をする。

後は鈴が鳴るまでこのまま放っておく

 

 

当然ながら冷凍のベビーホタテは凍ったままなので海水で解凍する。

水が温ったけ〜!

 

 

今日は4.5mの竿だが、穂先を詰めたVer.でやる。

 

オッサン愛用ののべ竿”岩清水”は、竿先が柔らかいので喰わせるには良いのだけれど、その分アワセが遅れるのだ。

 

だもんで穂先を15cm詰めてちょっと硬くして、クイックなアワセが出来るようにしたのだ。

 

 

この釣り場で狙うポイントは護岸石が終わったあたりの境目で、昨年ここにちょっとだけ通って学んだことである。

 

 

仕掛けを投げると、水深は2m以上あるからオモリが着底するまで時間がかかるが、竿先の挙動がいつもと違う。

 

通常なら、着底するとオモリの重さでしなった竿先がヒュン!って戻るのだがそれが全くない!

 

着底したのかどうかが分からないぞ!ムムム・・・竿先を詰めすぎたかもしんまい!ちょっと焦るオッサン。

 

 

ミャク釣りなので、全ての情報は竿先の挙動と手元の振動から得るのだが「着底も分からないのにこれでアタリがとれるのか?」と不安になる。

ちなみに竿が長くて少々重いので、通常の持ち方ではラインテンションをかけ続けるのは大変です。だもんで、ちょっと短めに持って竿尻を肘に当てるくらいに持つと楽ちんです

 

それでも誘いを入れるためにエサをほんの数cm動かしたい時(ハゼ活性が良くない時は派手にエサを動かすとハゼが散ってしまうので)は、竿が必要以上にたわまないのでイメージ通りの誘いが出来ます。

 

 

そしてついに待望のアタリが!

 

竿先がクン!と軽くしなるやいなや(=as soon as)鬼アワセを入れると本日の一匹目があがった。

なかなかの良型だ

 

 

以前ならこの素早いアワセはできなかっただろう。

 

柔らかい穂先が災いして即アワセを入れても、竿が余計にしなってワンテンポ・ツーテンポアワセが遅れてハリ掛かりしなかった。

 

しかし、今回の穂先詰めたVer.は鬼アワセが決まる!

 

15cmの穂先カット作戦は成功だ!

 

ヨシ!これで爆釣だ!となるほど甘くはなく、さすがにこの時期は連打にならない。

 

ポツリポツリとハゼのいる場所を探しては拾い釣りとなる。

 

ただ、アタリがあったらそこにピンポイントで落とせば100%喰ってくれるので空振りがないのはありがたい。

 

 

竿の挙動に慣れてきて着底した時が分かるようになり、落とし込み直後の即アタリに対応できるようになった。

 

 

 

今日はとても寒いんだけれど、ハゼのアタリは結構あって飽きないハゼ釣りとなっている。

 

んが!全く音沙汰ないのがリール竿の方である。

 

さっきから鈴の音が聞こえず沈黙したままである。

 

 

仕掛けを回収してもエサをかじった形跡も全くない・・・

 

なので、のべ竿でアタリのある至近距離に投げて様子を見ることにする。

N氏からの贈り物

今日はN氏もこちらの釣り場に出勤してきたのですが、N氏から「ちょっと試してみてください」と妙な仕掛けを渡された。

なんだこの仕掛け・・・

 

よく見ると、パイプに振り分け式の二本のハリスを通したものらしい・・・

 

ハリに変な飾りがついているがN氏曰く「叩き売りのハゼバリを買ってきたらこんなハリだった」らしい。

確かに売れ残りそうなハリである

 

N氏のイメージとしては「二本のハリにアオイソメを付けると、あたかも一本の長いアオイソメのようになり、ハゼに強烈アピールをかませる!」らしい。

 

「二匹の多点掛けも数回あります!」とオッサンにピースサインを送るのであった。

 

アオイソメを付けたが、なるほどあたかも一匹のようには・・・見えんぞ!

 

 

オッサンのミャク釣り仕掛けにセットしてやってみたが、仕掛けが重い・・・

 

サビくにもヨイショ!っという感じで繊細なミャク釣りには合わない仕掛けだと思った。

 

10分ほど試して2匹釣り上げたところでお試しは終了。

ハセが釣れることは釣れたのだが・・・

 

振り分けにするとハリスが絡みやすいのでパイプに通したという考え方は理解できるが、如何せんハゼの仕掛けとしてはごっつ過ぎる!

 

ミャク釣りというよりは、ハゼテンビンに玉浮きを使ってゆっくり喰わせての二匹掛け狙い、という釣り方なら面白いかもしれない。しかもハゼが大量に湧いている真夏ね!

 

まぁN氏も遊びで作ってるんだろうけれど、いろいろと遊ばないとハゼ釣りも飽きてくるからね〜

 

オッサンも数多くお試し仕掛けをやったもんだ。

思ったよりも楽しいハゼ釣りになりました

N氏の仕掛けを元のミャク釣り仕掛けにチェンジしてた時、鈴の音が聞こえてくる。

 

「つ、ついに来たか!」

 

リール竿を見るとチョンチョン!としなって、リンリン!と心地よい鈴の音が鳴り響く。

 

「これはハリ掛かりしてるな!確実に!」

 

 

リール竿を持ち上げて大きくアワセを入れてみた。

 

んが!なんか軽いんですけど・・・ハゼが掛かっている手応えがない・・・

 

回収した仕掛けを見るとアオイソメがなくなっていた。

 

 

「まぁ、一応アタリはあったから良しとするか・・・」

 

再び同じ場所に投げて放っておく。

 

 

 

のべ竿の仕掛けを元のミャク釣り仕掛けに戻し、チョコチョコと場所を移動しながら拾い釣りをしていると、近所のハゼ常連らしい老人が声を掛けてきた。

 

「もう釣れない季節になってるけど、随分釣ってるね〜!」とオッサンのバケツを覗き込みながらくすぐったいコメントを述べる。

 

 

しばらく老人のハゼ談義に付き合うが最後に捨て台詞を吐く。

 

「ここはリールで投げても釣れないか、釣れても小さいハゼばかりだよ!」

 

なぬ!それをはやく言え!っていうか、きっとあの老人はそれを言いたかったのだろう。

 

 

オッサンの想像では、のべ竿で狙っている例の境目に仕掛けを投げればリールでも釣れるだろう。

 

ただ、リールでそんな近くを狙うんだったら、のべ竿でやればいいだけのことで・・・そんな理由からリールはダメだ!になるのだろう。

 

 

 

最終的に3時間半で38匹とポツリポツリベースが続いて、飽きが来ない程度の釣れ具合だった。

思ったよりもハゼの喰いが良くて面白かった

 

 

本日の最大サイズ

 

 

今シーズンは一度お盆にこの釣り場に来たけれど、その時よりも釣れた。

 

ここは真夏よりもこれくらいのシーズンの方がハゼが上がるのかもしれない。

 

その証拠に、真夏に来た時はオッサン意外誰もいなかったけれど、今日は少ないけれどハゼ釣り人がいる。

 

 

あと何回かは京浜運河でハゼ釣りを楽しめるかもしれないな。

 

 

 

次の記事>>>「あのポイントに届かないとハゼ釣りにならない」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2016年23回めのハゼ釣り(京浜運河-八潮パークタウン前)関連ページ

初春の大井ふ頭中央公園の便所(※ハゼ釣りではありません)
ふと、大井ふ頭中央公園に寄ったのですが、ちょっぴり景色が変わっていました。
初春の京浜運河にて(※ハゼ釣りではありません その2)
2015年に秋ハゼ釣りのメインフィールドとなった京浜運河に行ってみました。 何する訳でもないのですが・・・
2016年最初のハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2016年第1回目のハゼ釣りです。いよいよ2016年もハゼ釣りが開幕しました。今年はどんな年になるのか?最初の内容でそのシーズンが決まったりするから結構ドキドキ
2016年第2回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-夕やけなぎさ)
2016年2回目は大井ふ頭中央海浜公園の夕やけなぎさでのハゼ釣りとなりました。オッサンはハゼ釣りよりもある人物が気になって、気になって・・・
2016年のハゼ釣りはもう通常営業(2016年3回めのハゼ釣り)
2016年第3回めのハゼ釣りです。ここ数日強い雨が降っていたのでハゼが釣れるか心配だったのですが・・・
2016年4回めのハゼ釣り 本日は玉砕の巻
2016年の4回めのハゼ釣りです。今回はロマンを求めてヒネケタハゼ狙いでしたが見事に・・・
2016年5回めのハゼ釣り 浪漫ではなく現実を見ようかな…
2016年5回めのハゼ釣りも大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯でやってきました。大ハゼを狙ってみたものの・・・
2016年6回めのハゼ釣りはお試しがテーマ
2016年6回めのハゼ釣りはあることをお試しするためにやって来ました。その”あること”とは・・・
2016年第7回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園 はぜつき磯)
2016年7回めのハゼ釣りは大井ふ頭中央海浜公園のはぜつき磯で”一応”ヒネハゼ狙いでしたが・・・
2016年8回めのハゼ釣りはいつもの指定席にて
2016年のハゼ釣りは久しぶりにいつもの指定席でやってみました。今日はハゼが濃かった!
2016年9回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2016年の9回めのハゼ釣りです。何を思ったか2本バリに挑戦してみましたが・・・
2016年10回めのハゼ釣りは優雅に平日釣行
2016年のハゼ釣りももう二桁になりました。今シーズンはあと何回ハゼ釣りに行けるのか分かりませんが、出来る限り粘ってみたいと思います。
2016年11回めのハゼ釣り(大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯)
2016年11回めのハゼ釣りです。いつもの大井ふ頭中央海浜公園-はぜつき磯でしたが、ハゼ釣り人が多く場所が・・・
お盆スペシャル企画 大ハゼはいずこ?その1(2016年12回めのハゼ釣り)
お盆なのにハゼ釣りする羽目になってしまったので、いつもと違うハゼ釣りをやってみようと思います。
お盆スペシャル企画 第二弾 大ハゼはいるのか?(2016年第13回めのハゼ釣り)
第一弾のハゼ釣りで見事に玉砕したので、気を取り直して次のハゼ釣り現場に移動。次の釣り場は実績もあるので期待するが・・・
撃沈のハゼ釣りとクロの逆襲
2016年14回めのハゼ釣りです。夏も終盤が見え始めハゼ釣りも渋くなり始めているのでテクニカルになってきています。
ハゼ釣りが釣れなきゃ即移動せよ!の巻
2016年年度15回めのハゼ釣りです。いよいよ夏も終わりが近づきハゼのサイズも良型揃いのハズなんですが・・・
ハゼのホットスポット探しで釣果が来まる
2016年16回めは雨天決行のハゼ釣りとなりました。個人的には雨降りはハゼが釣れるので嫌いではないのですが・・・
絶望→希望のハゼ釣り キチンとやることをやればハゼは釣れる
2016年17回めのハゼ釣りに行ってきました。いよいよ9月最後のハゼ釣り。何も考えなくても釣れる夏ハゼも終わりちょっとは考えないと釣れなくなってきます。
ハゼ釣りのエサはやっぱりベビーホタテ!
ついに10月に突入したハゼ釣り。今年のハゼ釣りもいよいよ終盤に向かって加速してゆきます。そして釣り自体も難しくなってきます。
ほろ苦い”みどりが浜”デビュー戦
久しぶりに午後のハゼ釣りに行ってきました。場所は大井ふ頭中央海浜公園のみどりが浜。初めての釣り場ですがどうなることやら・・・
逆転のハゼ釣り【まだ諦めるべきではない!】
ハゼが本当に釣れなくて、もう帰ろうとした時にドラマは始まった。ハゼはいるところにはいるらしい・・・
激渋の東海ふ頭公園
ハゼ釣りも終盤近し!今回はいつものハゼ釣り場ではなく「東海ふ頭公園」に行ってみました。はたして・・・
2016年シーズン最後のはぜつき磯
2016年年度もいよいよ最終のはぜつき磯のハゼ釣りになります。終わりよければ全て良し!とはいかないんだなぁ〜・・・
あのポイントに届かないとハゼ釣りにならない
2016年も11月に突入してますますハゼが釣れなくなっています。んが!今日のハゼ釣りは特に酷かった・・・
2016年シーズン初のハゼの穴釣り
2016年の25回めのハゼ釣りは穴釣りに行ってきました。ハゼの穴釣りの季節になってきましたが、今年は渋いらしい・・・
2016年シーズン2回めのハゼの穴釣り
2016年26回めのハゼ釣り。前回に引き続きハゼの穴釣りに例の釣り場へ行ってきました。まぁ、穴釣りは数は期待できないが・・・
2016年の京浜運河のハゼ釣りもラスト
2016年27回めのハゼ釣りはラスト京浜運河に行ってきました。ラストなので派手に決めたかったのですが・・・
数は・・・だけれど大型が来たよ〜
2016年の11月最後のハゼ釣りです。いつものようにハゼの穴釣り場へ行ってきましたが、思った以上に渋い結果に・・・
今日はハゼの穴釣日和なハズだが・・・
2016年もいよいよ12月に突入したハゼ釣り。例年ならとっくにオッサンの釣りシーズンは終わっているハズだが、ハゼが釣れないわけでもないもんで・・・
2016年30回めのハゼ釣りは穴釣りポイントの新規開拓
2016年30回めのハゼ釣りは、穴釣りポイントの新規開拓をしてきました。もうシーズン終わりという時期にハゼ釣り場の開拓というのもなんだかなぁ〜
2016年31回めでハゼサイズ自己記録更新しました
2016年31回めで釣り上げたハゼサイズの自己記録更新しました。もうこの時期なのでハゼ釣りと言っても数は全くダメですが、釣れればサイズは期待できます。
2016年32回目のハゼの穴釣りは玉砕気分
2016年のハゼ釣りもいよいよ大詰め。今年のハゼ釣りは、あと1回か良くて2回行けるかというところなので大切にしたいが、本日は良い所なし!
2016年ラストのハゼ釣り(だと思う!)
いよいよ2016年の締めくくりラストハゼ釣りです。2016年は33回もハゼ釣りに行くという愚挙をしでかしてしまいましたが、最後くらいは大漁なハズだったが・・・