ハゼ釣り 穴釣り 東京

2019年26回目のハゼ釣り 釣れる日って続かないもんだな…

2019年26回目のハゼ釣りは二匹目のドジョウを期待して

2019年11月4日。
2019年26回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:「秘密の花園」(KL-@)
※釣り場は諸事情により場所は明かせません。申し訳ないです。
天気:晴れ
釣行時間:7時30分(潮位:115cm上げ5分)〜10時30分くらい(潮位:154cmほぼ満潮)小潮
釣果:マハゼ11匹(13〜17.5cm)  

 

竿:OGK(大阪釣具)「小魚名人」1.5m 
道糸:フロロ1.5号 ハリス:ナイロン1号 ハリ:袖スレ4号 
オモリ:自作Fe(鉄)オモリ。1号相当の重さ 
エサ:アオイソメ
ハリス3cmの胴付ミャク釣り仕掛け

 

 

 

ことわざで「柳の下にいつも泥鰌(どじょう)はいない」の意味は、”一度うまくいったからといって、いつも同じようにうまくいくわけではないということ”。

 

人間は自分や他人の成功体験にすがりつきたい生き物だ。

 

自分の成功体験ならこの成功が永遠に続くと思いたいし、他人の成功体験なら自分もあやかりたいとすり寄っていく。

 

良い想いなんてそうそうあるもんじゃないし、そうは続かないんだけど、ひとつの成功が強烈なインパクトを脳に刷り込んでくるもんだから、少々の失敗では目が覚めないものである。

 

 

世間で売れてる本には闇雲にポジティブ・シンキングを薦めるモノが多いけど、これほど無責任な思想もないと思う。

 

すべての人に個性と可能性があると言ってるくせに、そこで登場する「成功」とは常にひとつの世界でしかない。

 

人が100人いたら100通りの「成功」があって、それが必ずしも日当たりが良かったり、華やかであったりする訳ではないはずだ。

 

 

 

というわけで、本日のオッサンの成功のテーマは「昨日みたいにハゼをたくさん釣りたい!」というトホホなチャレンジ。

 

もう日当たりや華やかとは対極のちっぽけな野心である。

 

 

本日もハゼの穴釣りへ向かうオッサン。

 

昨日は絶好釣な日で、釣り仲間のH2氏はハゼの穴釣りなくせに25匹も釣り上げた。

 

オッサンはすっかり出遅れて遅い時間に行ったもんだから、9匹と悪くはないが良くもない普通の釣果に終わった。

 

今日こそは!という思いで朝から現場に向かっている訳ですが、結構寒い。

 

今季初の手袋を装着しながら自転車を漕いでます。

 

 

本日向かうポイントは昨日と同じ場所。

 

ハゼの穴釣りなんだから、釣り上げたハゼがいた穴に新しくハゼが入り込んでなければならない。

 

夏ハゼなら一回の潮の干満でリセットされると思うんだけど、穴釣りとなるとど〜かなぁ…

 

まぁ、探ってない穴もあるだろうし、目の前のエサにアタックして来ないハゼもいるんだから何とかなるのか…

 

 

期待と不安で釣り場『秘密の花園』に到着。

 

H2氏も到着していて釣り始めたばかりらしい。

 

 

水はまだ多少の濁りはあるものの、かなり改善されてきたようで「これなら少し沖の穴も攻められるな!」とやる気アップ。

少しづつだけど濁りも解消されつつある

 

 

今日はちょっとハリスの位置をずらしてやってみようと思います。

 

というのも昨日、穴底からオモリを少し浮かせ気味でやってみたところ、ハゼがグン!と下に引っ張るアタリでアワセるとハリ掛かりが良いように思えたからです。

 

穴釣りの面白くも悩ましいところに、いつアワせるか!?という命題があります。

 

初めにハゼのアタリがクン!クン!と来て、次に分かりやすく大きくグン!と引っ張ってくれればアワセやすいのですが、いつまで経っても引っ張らない奴もいる。

 

もう辛抱できなくて、小さなアタリでアワセてみてもまずハリ掛かりしなくて、その後同じ穴に入れて粘るんだけど、もう喰ってこなかったりする。

 

これが悔しいし時間の無駄になるから、コレを何とかしたいと思ってました。

 

んで感触が良かったのがオモリを浮かせる作戦。

 

オッサンは胴突き仕掛けなので、オモリの数cmに上にエサ来るようになってます。

 

オモリを寝かせるとちょうど底すれすれにエサが漂うようになっているんですが、コレを底から2cmばかりオモリを切ると(浮かせると)、当然エサも浮くようになります。

 

ハゼはそのエサを頭をもたげて喰い、そのまま下にさがると自動的にハリ掛かりするというイメージなんだけど…

 

 

オモリ浮かし作戦は微妙な力加減が必要で、やり続けると結構疲れるし、オモリの重量分テンション掛け過ぎでハゼが警戒するかな?という危惧もあります。

 

 

だもんで、今日はハリスの位置を2cm上にずらし、オモリはいつものように底に着けてやってみようと思います。

新仕掛けは有効だったのか…

新しく試してみる仕掛けってワクワクするものですが、今日は思っていたよりも潮が引いていて頃合い深さの穴がなかなか見つからない。

 

やっと見つかったんだけど、シ〜ン…という音が聞こえそうなくらいに音沙汰なし。

 

その後、いくつかの優良物件を見つけたんだけどいずれもアタリがない。

 

やはり昨日の今日で、昨日結構釣っちゃったから、ハゼもまだ穴に入りきってないのかな?

 

 

「これじゃ〜新仕掛けの意味がないな…」とぶつぶつ独り言を言ってた時だった。

 

クン!クン!とハゼのアタリが来た!

 

おっ!いたぞ!さぁ、どうする?とそのままにしてたらグ〜ン!と引っ張ってきた。

 

反射的にアワセを入れると本日の一匹目が上がってきた。

16cmくらいか

 

最初の小さいアタリからの大きなグ〜ン!の本アタリという思った通りの展開だったが、コレが新仕掛けのおかげなのか、たまたまだったのかは謎である。

 

まぁ、釣れたんだからヨシとしましょう。

 

同じ穴でもう一匹釣り上げた後は、また釣れない時が過ぎてゆく…

 

昨日とは打って変わってアタリが少ない。

 

 

穴釣りとはこのように、辛抱強く当たり穴を探し続けるマゾい釣りモノなのである。

 

 

今日は珍しいゲストが釣れた。

 

昨日はギンポが釣れて、そいつが何を思ったのかオッサンの指に噛み付きやがった。

 

結構痛くてトラウマになったもんで、今日は黒いダボハゼが釣れる度に「またギンポじゃないだろうな?」とビクビクしていた。

 

ありがたいことに、今日はギンポは来なくてクロダイの稚魚が釣れた。

 

入り口がとても小さい穴だったんだけど、80cmくらいの深さがあって絶対いる!と確信していたからしばらく粘ってたら、結構な引きでなかなか上がってこなかった。

 

コイツはデカイぞ!と何とか穴から引きずり出したらクロダイだった!

 

よくこんな小さな穴からこの魚体が出てきたな!と思ったんだけど、ハリを飲み込んでるからか、出てきた時に傷ついたのか出血していて、可哀想な事をした。

ひとシーズンに上がるか上がらないかの珍しいゲスト

 

ちなみにクロダイとキビレの見分け方は、側線から上の鱗の列の数です。

 

3.5本で鱗が大きいのがキビレで、5.5本で鱗が細かいのがクロダイです。

 

ヒレが黄色っぽいだけでは個体差があるので見分けがつきづらいと思います。

 

 

その後もポツリポツリと忘れた頃にアタって来る程度で、しかも触ってくるようなアタリだけで本アタリしてこないもんだから、こちとらのストレスもMAX!

 

ついには耐えきれなくなって納竿。

 

3時間で11匹と通常なら良さそうなもんだけど、昨日が良さ過ぎたもんだからハードル高くなっちゃって…

普通はコレくらい釣れれば御の字

 

最大は17.5cm

 

最小は13cm

 

新仕掛けが有効かどうかは、まだ分からないですね。

 

ひたすら当たり穴を探し続ける釣りで、どうしてもマンネリになるので、何かしらのイベントを用意しないとダラダラとした時間になってしまいます。

 

 

水の濁りも、今日は少し見えてきたな〜っと思ってたらまた濁ってきての繰り返しで、こんな感じで少しずつ水も澄んでくるのかな。

 

今日は温かいくらいで、人間的には釣日和なんだけど、もう少し寒く、水も冷たくなってくれないと穴釣りって感じしないんだよな〜

 

 

12月になればいよいよ20cmオーバーも期待できるから、まだ今月は数釣りを楽しむことにしましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2019年26回目のハゼ釣り 釣れる日って続かないもんだな…関連ページ

フナムシが大きくて数が多いということは…(釣行記ではありません)
2019年の初春。何のあてもなく釣り場をフラフラしていたら気になったことが…
2019年の大井ふ頭中央海浜公園【しおじ磯】は釣り不可!?
残念ながら、2019年における大井ふ頭中央海浜公園のしおじ磯は釣りができません。園路の改修工事しているらしいです。
2019年夏シーズンのハゼ釣り開幕!
2019年もいよいよ夏ハゼ釣りシーズンとなりました。今年はどんなハゼ釣りになるのか!?
2019年夏シーズン2回目のハゼ釣り【大井ふ頭中央海浜公園-夕やけなぎさ】
2019年夏シーズン2回目のハゼ釣りに行ってきました。ちょっぴりだけど先週よりもハゼが大きくなってきています。
2019年夏シーズン3回目のハゼ釣りはたかが3cmされど…
2019年度夏シーズン3回目のハゼ釣りに行ってきました。予想よりもアタリはあったんだけど、取りこぼしが多かった。
2019年夏シーズン4回目のハゼ釣りは過去最低記録達成!?
2019年度夏シーズン4回目のハゼ釣りに行ってきました。もう何も言うことがありません!
2019年夏シーズン5回目のハゼ釣りは八つ当たりだ!
2019年度夏シーズン5回目のハゼ釣りです。前回は最低記録となる貧果だったので、本日はハゼに八つ当たりに行ってきました。
2019年夏シーズン6回目のハゼ釣り 羽田はもう開幕だ!
2019年度6回目のハゼ釣りに行ってきました。今シーズン初の多摩川羽田ポイントでしたが、まぁまぁなハゼ釣りとなりました。
2019年夏シーズン7回目のハゼ釣り イソメも工夫次第で…
2019年度夏シーズン7回めのハゼ釣りに行ってきました。本日も雨のハゼ釣りで、ハゼが釣れると信じていくんだけど…
2019年夏シーズン8回目のハゼ釣りも雨の中…
2019年度夏シーズン8回目のハゼ釣りに行ってきました。梅雨だからしょうがないけど、せめて曇りにしてくれないかな…
2019年夏シーズン9回目のハゼ釣り『ハゼ釣りって奥が深いな…』
2019年度夏シーズン9回目のハゼ釣りに行ってきました。本日のハゼ釣行は久しぶりに分からなくなりました。
2019年夏シーズン10回目のハゼ釣りは異変あり!?
2019年度、夏シーズン10回目のハゼ釣りに行ってきました。噂は聞いてたんだけど今年のハゼ釣りも異変発生か!?
2019年夏シーズン11回目のハゼ釣りはやっぱり厳しいな〜
2019年度夏シーズン11回目のハゼ釣りに行ってきました。まぁ、期待はしてなかったんだけどやっぱり…
2019年夏シーズン12回目のハゼ釣りもやっぱり…
2019年夏シーズン12回目のハゼ釣りもやっぱりパッとしない釣果。昨年同様、8月に入ったらハゼが全然釣れなくなってしまった。
2019年夏ジーズン13回目のハゼ釣りは今季最悪だぁ!
2019年度夏シーズ13回目のハゼ釣りに行ってきたのですが、期待はしてなかったけどココまでヒドイとは…もう今年のハゼ釣りはこのまま上向くことはないのかな?
2019年夏シーズン14回目のハゼ釣りはもうワヤヤ・・・
2019年度夏シーズン14回目のハゼ釣りでしたが、もう釣りと呼べない時間を過ごしてきました…
2019年夏シーズン15回目のハゼ釣りは楽しかったぞぃ!
2019年夏シーズン15回目のハゼ釣りに行ってきました。全然釣れなかった8月の地獄のハゼ釣りが終わり、ようやく気持ち良いハゼ釣りが出来ました。
2019年16回目のハゼ釣りは久しぶりの1束だった
2019年度16回目のハゼ釣りに行ってきました。平日のハゼ釣りでしたが、お日柄も良く久しぶりに1束いきました
2019年17回目のハゼ釣りはパッとしないな〜
2019年度17回目のハゼ釣りに行ってきました。まぁなんですよ。特に書くこともなくな〜んもないハゼ釣りになりまして
2019年18回目のハゼ釣りは今シーズン初の森ヶ崎
2019年度18回目のハゼ釣りに行ってきました。本日からは「森ヶ崎海岸公園」にてのハゼ釣行にポジションチェンジです。
2019年19回目のハゼ釣りは玉砕!
2019年度19回目のハゼ釣りに行ってきましたが、あえなく玉砕!この時期はハゼ釣り場の選択が難しいな…
2019年20回目のハゼ釣りは大井ふ頭リターンズ
2019年度20回目のハゼ釣りはいつもの釣り場に帰ってきました。なにせ他のハゼ釣り場が釣れないもんで…
2019年21回目のハゼ釣りはな〜んも言うことなし!
2019年度21回目のハゼ釣りに行ってきましたが、全然ハゼ釣れないのでな〜んも書くことがありません。
2019年森ヶ崎海岸公園も終わった感じ…【追加記事あり】
2019年10月12日の夜、東京を直撃した台風19号の影響で秋のハゼ釣り場『森ヶ崎海岸公園』が壊滅的な打撃を受けた。
2019年22回目のハゼ釣りは秘密の花園開幕!
2019年度22回めのハゼ釣りは穴釣りとなる「秘密の花園」開幕です。
2019年23回目のハゼ釣り【秘密の花園2回目の穴釣り】
2019年23回目のハゼ釣りは、秘密の花園で2回目の穴釣りです。まぁ、相変わらずの水の濁りで何も見えないのですが…
2019年24回目のハゼ釣りはナイスな穴釣りでした!
2019年24回目のハゼ釣りは3回目のハゼ穴釣りです。予想に反して楽しいハゼ釣りになりました!
2019年25回目のハゼ釣りはちょっと遅かった…
2019年度25回目のハゼ釣りに行ってきました。ちょっと用事があったので、朝イチからハゼの穴釣りに行けなかったのが運の尽き…