ハゼ釣り 穴釣り 東京 2020年

2020年24回めのハゼ釣りは特に何も無いのですが…

2020年24回めのハゼ釣りは可もなく不可もなし

2020年11月8日。
2020年24回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:「秘密の花園」(KL-B)
※釣り場は諸事情により場所は明かせません。申し訳ないです。
天気:晴れ
釣行時間:7時00分(潮位:97cm上げ4分)〜12時00分くらい(潮位:164cm満潮)小潮
釣果:マハゼ21匹(13〜17cm)  

 

竿:OGK(大阪釣具)「小魚名人」1.5m 
道糸:ナイロン1.5号 ハリス:ナイロン1号 ハリ:はぜバリ7号 
オモリ:丸形1号 
エサ:アオイソメ&ボイルベビーホタテ
ハリス3cmの中通し遊動仕掛け

 

 

 

このブログにチョロチョロと登場する人物たち。

 

そのほとんどは、このブログがキッカケで出会った釣り仲間たちである。

 

今でこそ結構な人数いるんだけど、始めた当初は「こんなの、読んでる人いるんかな?」と半信半疑で書き続けてたものである。

 

まぁ誰かに読ませるという気もさらさら無くて、オッサンの釣りの忘備録という位置付けで始めたような気もする。

 

しかし継続は力なり〜で面倒くさがりながらも続けていたら、いつの間にか結構な人が読んでいるらしいから世の中は分からない。

 

 

「もしかしてブログをやってる方ですか?」

 

ハゼ釣りをしていると、ほとんどの方はこういう導入で声を掛けてくれる。

 

ドキ!身体は硬直し、脊髄液が逆流する恐怖のこのセリフ。

 

バレた!?面が割れた瞬間である。

 

刑事ドラマなら若手刑事にライトを顔に当てられながら「お前がやったんだろ!」と言われてるようなもんである。

 

「何をおっしゃいますやら…」とはぐらかしたいところだが、小心者なオッサンは冷や汗を垂らしながらギクッ!っと動きが止まるからバレバレだ。

 

何で分かるのかを聞いたことがあるが、写真の端とかに写っているオッサンのアイテムで分かるらしい。

 

「写真の通りなんですね」と言われたりするが、そりゃそうだ!

 

オッサンのスタイルはここ数年間全然変わってないっていうか、出来る限りシンプルにしているのでこれ以上変わりようもない。

 

 

まぁそんな感じでアカの他人→知り合い→釣り仲間に昇格していくわけだけど、マメな仲間はこのブログの感想をくれたりする。

 

とてもありがたく励みになるんだけど、毎回という訳でもないのがこちらを考えさせられる。

 

釣果が良かった時とか何かしらの際立ったトピックがあった時は感想が来る。

 

オッサンも釣れれば気分が良いから、さらに仲間から肯定的な寸評が来れば嬉しいものである。

 

しかし反対にアホな内容だった時は何の反応も無いことが多い。

 

良い例が前回である。

 

前回のテーマは【尻のかゆみについて】だった。

 

アホなプロローグで始まる時はたいして釣れなかった時で、オッサンとしては頑張ってブログのボリュームを嵩上げしてるつもりだけど、気の利いたトピックなんて無いもんだからあ〜いう事態になってしまう。

 

尻のかゆみについての感想を期待してるつもりは毛頭ないんだけど、せめて釣りの部分だけでも一言くれれば慰めにもなるが、誰一人として感想をくれなかった。

 

どうやら、そういうフレーバーは世間的にも受けが悪いようだ。

 

ポツンとひとり取り残されたオッサン。

 

孤独を噛み締め、枕が涙で濡れたのは言うまでもない。

バク!っと来いよ!バクっとね!!

今回こそセンスあるブログにするぞ!と意気込んでのハゼの穴釣り釣行。

 

チラホラと20cmを釣り上げたという情報も入ってきているので期待が持てる。

 

まぁ、釣り人の与太話はフィクションであることが多いけど、中には厳しく審査してる人もいるから、そ〜いう情報は大切にしたいところである。

 

 

本日も早めに現場に到着するが既に結構なハゼ釣り人がいて、さすがこの時期になってくると本気度が増してるらしい。

 

オッサンが狙ってたポイントには既に常連達が陣取っていた。

 

ほんと常連達の情報網は口頭伝承なくせに5Gよりも高速である。

 

だもんで、しょうがないからいつものポイントにやって来た。

 

すると既にN氏とH氏が釣り糸を垂れていて、オッサンの出遅れ感を痛感する。

 

 

オッサンも遅ればせながら釣りを準備を始める。

 

本日もいつも通りなんだけど、エサはアオイソメ&ホタテのダブル攻撃に戻した。

やはりこの組み合わせが安定だね

 

潮は上げ潮だけど潮周は小潮だから、そう劇的に潮がどうのこうのは無い。

これからジワジワと上がってくる

 

ちょっと心配なのは今日は陽気が良すぎる事。

 

陽気が良いと釣れる気がするがそうでもなくて、急に気温が上がったり下がったりは良くない。

 

寒いなら寒いなりに安定してくれた方が釣果は良いと思う。

 

 

 

早速本日もスルスルと適当な穴に落としてゆくとすぐに反応あり。

 

まぁこの反応はダボハゼですよ!

 

この軽いツンツンでやつぁ!

 

マハゼのアタリはもっと重くてグングン!とリズムが違います。

 

しかし、ダボのいる所にマハゼあり!でダボを排除すると今度はハゼのアタリが来た!

 

間違いなくハゼのアタリなんだけど、3回くらい浅いアタリの後は喰ってこなくなった。

 

ハゼの穴釣りの難しさでもあり面白さでもあるんだけど、いつアワセを入れるのか!というメインテーマがある。

 

何人かの手練にこのタイミングを聞いたんだけど、口を揃えるのがグ〜ン!って大きく竿先を持っていった時というジャッジメント。

 

オッサンもそれに異論はない。

 

グ〜ン!のタイミングはそれぞれで最初は小さくクンクン!からのグ〜ン!がスタンダードだけど、スルスルと落としている時にいきなり持っていかれる事もある。

 

ただ、何度やってもグ〜ン!が来ない時はス〜っと数cm竿先を上げるとグ〜ンが来るときもあって、ハゼの穴釣りはどうやってグ〜ンを演出するかがキモになります。

 

 

後はエサ付けも大事かな。

 

単にいつも同じサイズにエサを付けるだけじゃ〜なかなか釣れ続けなくて、頭付近〜尻尾のどこらへんをどの長さに付けるかによって喰ったり喰わなかったりする。

 

さらには房掛けにしたりとか、いろんな方法があるから悩ましいところである。

 

 

なので、同じ穴でも釣り人によって釣れたり釣れなかったりして、釣り方が如何に釣果を左右するかが如実に現れる釣りモノなのである。

 

 

今日は喰いが浅くてアタリはあるんだけど、なかなかグ〜ン!の本アタリが来てくれない。

 

前アタリで粘ってるといつの間にか横穴に持っていかれてて、慌ててアワセを入れると根掛りしてたりする。

 

「バク!と来いよ!バクっと!!」
と思うが、ハゼも自分の命がかかってるからナーバスにならざるを得ないだろうて。

 

 

前アタリばかりでハゲ上がりそうになっていると、やっと本日の一匹めが上がってきた。

やっと上がってきたよ〜。16cmってところか

粘ってはみたものの…

どうやら本日はキリキリ舞いの穴釣りになりそうだ。

 

アタるとは言えアタリまくるという程ではなく、頃合いの深さの穴でも全くアタらない事もある。

 

頃合いの深さとは約50cm前後で、それくらいだとハゼの入居率が高いしハゼを掛けた時も問題なく上がってくる事も多い。

 

コレが浅いとハゼを掛けるとすぐに横穴に逃げられて根掛りとか、すぐ抜き上げる事になるのでボチャ!と落ちるリスクが高くなる。

 

逆に深いと今度は反応しないことが多くなる。

 

深い穴はウナギが居座るウナギ穴が多く、捕食される側のハゼとしては同居は避けたいところだろう。

 

ただ全くいないこともなくて、ウナギが居座ってなければハゼが複数匹同居していることもあるし、底まで落とすのではなく途中で止めるとハゼが喰ってくることもある。

 

どんな釣りモノにも言えるけど、毎回同じことをしてりゃ〜釣れ続けるほど甘いものではない。

 

 

 

たま〜に「ブログであんな企業秘密をバラしていいの?」とか言われるけど、オッサンにとっては秘密でもなんでもなくて、ブログに書いてあることはもう既に過去の話なんです。

 

自然相手で同じ状況なんて二度と無いんだから、その時その状況に合ったやり方でその都度対処していかないと釣れ続けることは難しいと思います。

 

このブログで発表しているやり方は、その時に実践したやり方を書いてるだけなので、次はまた違う作戦をたてることになります。

 

その蓄積が経験であり、その時の最適解を導く手助けになります。

 

まぁ、往々にして失敗するんだけどサ!

 

 

 

 

敵もさること、穴釣り開幕以来あれだけ反応の良かったハゼも釣り人の多さでスレまくってるようで、なかなか喰ってこなくなっている。

 

しかしこの広大な釣り場で全ての穴を探ることは不可能なので、絶対に釣り人が見逃してる穴はたくさんあるハズだ!

 

そんな当り穴にビンゴすると、ひとつの穴から5匹とか場合によってはツ抜けもあり得るほど上がってくることがある。

 

穴釣り人はそんなロマンチックなドリームを期待して、ただひたすらに探り続けるのである。

 

んで、夢破れたオッサン。

 

今日もビンゴは無くて一匹一匹拾いながらの苦行釣り。

 

結局今までの最長5時間粘ってやっとこさの21匹。

粘ってもコレか…

 

しかも最大は17cm程度…

 

今日は数もサイズも全然だったなぁ〜

 

敗因は同じポイントで粘りすぎたから。

 

ダメならすぐにポイント移動を決断しないとダラダラになっちゃいますね。

 

どうせリスクを取るならやってみる方のリスクを取らないと次に繋がらないですよね。

 

 

っという訳で、今回もセンスあるブログなんて程遠くトホホな内容になりました。

 

いつになったらマトモになるのか…

 

先行き不安ばかりなオッサンなのでした。

 

 

 

次の記事>>>「2020年25回めのハゼ釣りはジャリメ作戦」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2020年24回めのハゼ釣りは特に何も無いのですが…関連ページ

復活の『しおじ磯』※ハゼ釣行ではありません!
昨年から工事していた【しおじ磯】の工事も終わったので、偵察に行ってきました。 結構オープンな雰囲気だったので、ハゼ釣りもし易くなって良かったと思う。
祝!2020年夏シーズンのハゼ釣り開幕
2020年度夏シーズンもいよいよハゼ釣りが開幕しました!っても、まだ5月なんだよね〜
2020年夏シーズン2回めのハゼ釣りは早期撤収!
2020年度夏シーズン2回めのハゼ釣りは早々に撤収を余儀なくされた。だって…
2020年夏シーズン3回めのハゼ釣りはリベンジ
2020年度夏シーズン3回めのハゼ釣りは、先週のリベンジに出撃!雨が結構降っていたのですが、雨のハゼ釣りは釣れるを信じて。
2020年夏シーズン4回めのハゼ釣りは玉砕…
2020年度夏シーズン4回めのハゼ釣りに行きましたが、予想に反して激渋なハゼ釣りとなりました。
2020年夏シーズン5回めのハゼ釣りは粘って粘って…
2020年度夏シーズン5回めのハゼ釣りに行ってきました。何とか粘って目標達成しました。
2020年夏シーズン6回めのハゼ釣り【多摩川羽田付近】
2020年度夏シーズン6回目のハゼ釣りです。昨日はタコ釣りで早朝(というか夜中)活動で、今日のハゼ釣りも早朝から…2日連続はキツイっす!
2020年夏シーズン7回めのハゼ釣りは何だかな〜
2020年度夏シーズン7回目のハゼ釣りの記録です。ようやく梅雨が明けてさぁハゼ釣れるぞ!と期待していたのですが…
2020年夏シーズン8回めのハゼ釣りは玉砕!
2020年度夏シーズン8回目ののハゼ釣りに行ってきました。予想通り玉砕のハゼ釣りとなりました。
2020年夏シーズン9回めのハゼ釣りは新規開拓
2020年度夏シーズン9回目のハゼ釣りは新たな釣り場に行ってきました。もうマンネリ化していたハゼ釣りですが、やっぱり新たな釣り場は良いもんですな!
2020年夏シーズン10回めのハゼ釣りは釣れないな〜
2020年度夏シーズン10回めのハゼ釣りは前回に引き続きの現場。しかし、やはりというかハゼが釣れないですな〜
2020年夏シーズン11回めのハゼ釣りは現場は絞るべき
2020年度夏シーズン11回めのハゼ釣りですが、ちょっと寄り道しまして…やはり釣り場は絞るべきで、ウロウロしてはイカンですな。
2020年夏シーズン12回めのハゼ釣りはドン底…
2020年度夏シーズン12回めのハゼ釣りに行ってきましたが、もうど〜しようも無いくらいに釣れない… 手の施しようがないですな。
2020年夏シーズン13回めのハゼ釣りは上向き傾向か!?
2020年度夏シーズン13回めのハゼ釣りに行ってきました。激渋だったハゼ釣りも上向きになってきたハズ…
2020年夏シーズン14回めのハゼ釣りは初めサッパリ粘りで勝負
2020年度夏シーズン14回めのハゼ釣りは、初めはもうど〜しようもなかったけど、結果的にはまぁまぁかな…
2020年夏シーズン15回めのハゼ釣りは久しぶりの1束超え
2020年度夏シーズン15回めのハゼ釣りは久しぶりに1束以上釣れました。この前「1束の期待が出来るカモ」と豪語しちゃったもんで、それが達成できて良かった良かった。
2020年夏シーズン16回めのハゼ釣りはいっそのこと…
2020年度夏シーズン16回めのハゼ釣りですが、まぁ渋いですよ!どうせならハゼが全く釣れない方があきらめも付くのですが…
2020年夏シーズン17回めのハゼ釣りは投げてはみたけども
2020年度夏シーズン17回めのハゼ釣りは久しぶりにリールを使っての投げ釣り。まぁ、ハゼが釣れなくはないが…
2020年夏シーズン18回めのハゼ釣りは真っ昼間にて
2020年度18回めのハゼ釣りはお昼からの釣行となりました。まぁ、ダメなことを繰り返してもしょうがないので変化球にて。
2020年夏シーズン19回めのハゼ釣りはけっこう良いな!
2020年度夏シーズン19回めのハゼ釣りは意外にもハゼが釣れたらしい。涼しいは涼しいで安定してきたからかな…
2020年20回めのハゼ釣りは祝!秘密の花園開幕!!
2020年度20回目のハゼ釣りは、今シーズン初の穴釣り場『秘密の花園』での釣行になりました。期待薄だったんだけど釣れたね!!
2020年21回めのハゼ釣りは早期撤収!
2020年度21回めのハゼ釣りに行ってきました。本日もハゼの穴釣りですが、体力温存でサッサと帰ってきました。
2020年22回めのハゼ釣りは釣れ続けるのもどうかな…
2020年度22回めのハゼ釣りに行ってきました。当然ハゼの穴釣りなんですが、今季は以上と言えるくらいに数が上がっているのですが、どうなんだろ…?
2020年23回めのハゼ釣りはそろそろ落ち着いてきたかしら
2020年度23回めのハゼの穴釣りに行ってきましたが、今までのような異常な釣れ方もそろそろ音付いてきたかな…
2020年25回めのハゼ釣りはジャリメ作戦
2020年度25回めのハゼ釣りに行ってきました。生まれてはじめてエサのジャリメを使ったんだけど…