ハゼ釣り 穴釣り 東京 2020年

2020年23回めのハゼ釣りはそろそろ落ち着いてきたかしら

2020年23回めのハゼの穴釣りはそろそろ落ち着いたかな

2020年11月3日。
2020年23回目のハゼ釣りに行ってきました。

 

釣り場:「秘密の花園」(KL-B→KL−@)
※釣り場は諸事情により場所は明かせません。申し訳ないです。
天気:雨のち曇り時々晴れ
釣行時間:8時00分(潮位:184cm下げ1分)〜11時30分くらい(潮位:105cm下げ9分)中潮
釣果:マハゼ14匹(13〜18.5cm)  

 

竿:OGK(大阪釣具)「小魚名人」1.5m 
道糸:ナイロン1.5号 ハリス:ナイロン1号 ハリ:はぜバリ7号 
オモリ:丸形1号 
エサ:アオイソメ時々アサリ
ハリス3cmの中通し遊動仕掛け

 

 

 

釣りをしていると、いや、釣りをしている時じゃなくても、無性にケツがかゆくなる時がある。

 

年に数回か、もっとあるかな?くらいの頻度でかゆくなる。

 

誰に聞いたわけじゃないけど、誰しもが経験ある生理現象だと思う。

 

ケツというと語弊があるカモ知れないので、ハッキリ言ってしまうと、そのスポットはスウィートスポット=穴である。

 

あのかゆさ。

 

何とも形容しがたい意識の最果てへと誘う。

 

 

そのほとんどは突然襲ってくる事態であり、事と次第によってはすぐに対処しなければならない程の強烈なウェーブもある。

 

場所が場所だけに、公衆の面前で対処するわけにはいかない。

 

どこか人目のつかない場所に移動し、事に及ぶ。

 

コレが厄介なのが第一段階よりも、掻き始めてからの方がかゆさに拍車がかかるところである。

 

まず最初はスウィートスポットにヒルマン程度の違和感を感じるあたりから始まる。

 

なんだかピリピリむずがゆい…

 

そこで、指というより手のひら全体をカギ状に曲げてケツのRに合わせて指先をスウィートスポット方面へ差し込む。

 

第二関節から先を微妙にバイブさせながら掻いてみるのである。

 

ところがどうだ!かゆみの根源はスウィートスポットの表面というよりも、もう少し直腸まで行ったアタリだと認識するではないか。

 

もう無意識に背筋は伸び、指先の動きは機械的に早くなる。

 

ぬぁぁぁぁぁ〜!!

 

もうこの頃には思考は停止していて、おそらく白目だろう。

 

この状態で隣りのおばさんが回覧板でも回しに来たらもうこの街には住めまい、そんな状況だ。

 

 

そしてケツを掻きまくった後の充足感に満足感、開放感に脱力感…

 

これだけ達成感のある衝動も他に見当たらない。

 

 

事が終わり、乱れていた呼吸も整った頃になって冷静に考えてみる。

 

原因は何なんだ?

 

キチンと拭いてないからか?

 

いやいや、現代は温水洗浄便座という強い味方があるではないか!

 

アレで直腸をえぐるような水圧で洗浄しているのだから問題ないだろう。

 

 

じゃ〜、ぎょう虫か?

 

ぎょう虫!?目黒寄生虫館にいるアレか?

 

しかしアレのどれだ?

 

中には何mもの長い奴が腹の中に居座ってることもあるから、アレだけは勘弁して欲しい。

 

いやいや、オッサンはポキールで引っ掛かったことは一度もない。

ポキールとは

その昔、学校で強制的に実施されたぎょう虫検査用セロファンテープの名称。
表裏の両面テープみたいな構造で、一日目二日目と朝っぱらからそのテープを剥がし粘着部分をスウィートスポットにあてがう。
妙にくすぐったく怪しい気分にさせる検査だった。

 

そのテープにぎょう虫の卵がくっ付くらしく、検査で黒に判定されると後日先生から何も言われずに黄色い紙を渡される。
一応個人のプライバシーに配慮し、このやり取りは無言で行われるが、クラス全員がそれとなく気づいてしまうという残酷な召集令状。

 

受け取った生徒はそそくさとランドセルにしまうのが常だが、中には恥ずかしさと自虐行為でクラス全員の前で「もらっちゃった〜!」と大声で発表する哀れなピエロもいて、それを見させられるこちらのほうが恥ずかしい気分にさせられることもあった。

 

オッサンが小学校の時にやってたからもう昔話なんだろうと思ってたら、2015年で廃止になったということでつい最近までやってたんだアレ。

 

 

未だにかゆみ原因は判別しないが、いつでもどこでもやってくるアレにも困ったものである。

期待の激旨アサリエサはどうだ?

いつものようにど〜しようもない導入で申し訳ないです。

 

 

 

今朝、目覚めるとまだ雨が降っていた。

 

予報によれば、そのうち雨も止むようなのでそれから釣りの準備をしようと布団でイモ虫になっていた。

 

しかしオッサンの携帯が鳴る。

 

電話の主は釣り仲間のH2氏。

 

ヤバい!この人もうヤル気だ!!

 

電話に出ずとも話の内容は分かる。

 

一応電話に出ると案の上、もう釣り場に向かってるとの事。
すげぇ〜なH2氏!

 

この御方、早朝からハゼ釣りだってのに酒を明け方まで飲んでるし、ハゼ釣りの後に「これから麻雀だよ!」とか「競馬だよ!」「パチンコだよ!」っと、飲む・打つ・買う(買うは怖くて聞けないですが…)の三拍子揃った昭和オヤジを地で行く漢(おとこ)である。

 

そんなバイタリティーに押され、オッサンも渋々起き出してハゼ釣りの準備を始める。

 

 

愛車を漕いでると雨がポツポツ、時おりけっこう激しく降ってくる。

 

まぁ、明るい雨雲だからすぐに止むだろうて…

 

釣り場に到着するが、さすがに雨が降ってたからだろうか、数える程度の釣り人がいるだけだった。

 

H2氏を見つけサツと釣れ具合を伺うが「ちょっと厳しいね〜」との事。

 

まぁ、ここ最近の異常な釣れ具合に慣れちゃったから感覚がおかしくなっているが、本来のハゼの穴釣りとはそう簡単には釣れないものである。

 

 

オッサンも釣りの準備を始める。

 

基本的にいつも同じような仕様なんだけど、本日はアサリエサを持ってきた。

 

昨年からず〜っと冷凍庫にしまってあったカワハギ用の味付きアサリエサ。

 

別にカワハギ釣りに目覚めたわけじゃなくて、穴ハゼが狂ったように喰い付かないかな?と期待して買ってみたんだけど、一度も使わずじまいで昨年は終了したんだよな。

「激旨!」ってカワハギの感想かな?

 

ただ問題は、この中に入ってるのは激旨アサリだけじゃなくて普通のアサリのむき身も入ってる。

 

確かコレを買った時に「量が少な!」と思って、普通のむき身も入れて味を馴染ませたんだよな〜

左が普通のむき身で右が激旨アサリ。馴染んでないじゃん

 

っという訳で本日のエサはイソメとアサリのコラボ。

釣れんのかな?

 

イソメを刺し通し、飛び出た針先にアサリを指してみたがこのボリュームだとハゼがバクッ!と喰い付けないのでは?

ハゼのお口に合わない気がする…

 

ちょうど満潮から下がり始めたから状況は良くなっていくだろうけど、雨で岩が湿ってるから足を滑らせないように気を付けねば!

 

誰しもが経験するんだけど、こんな岩場で転んだら怪我じゃ済まない事もあるからね。

 

 

 

スルスルと適当な穴に入れるが反応無し…

 

目に付く穴に入れ直していくんだけど、どこも生命反応が無い…

 

むむむ、厳しいな。

 

近所で釣っているH2氏に聞いてみるが「アタリはあるよ!」との事。

 

するって〜と、もしかして原因はエサ?

 

試しにアサリを外してイソメだけで落としてみると、すぐに一匹めが上がってきた!

 

うげ!アサリが邪魔してたのか!?

やっと釣れた一匹め。16cmくらいか

 

まぁ原因はアサリだけじゃなくて今日はアタリ自体が遠い。

 

いつもなら頃合いの深さの穴ならハゼの反応があるんだけど、今日はアタって来ない事が多い。

 

穴に居ないわけじゃないと思いますが、喰ってこないですね〜

 

 

反応のない穴で粘っても時間の無駄なので、次々に穴を攻めハゼのアタリがあるところで勝負するしかない。

 

オッサン的にアサリに反応しないのがどうしても腑に落ちないので、ハゼのアタリがあった穴でアサリだけ付けて落としてみる。

 

全然喰ってこないわけじゃなくて、ツンツンとアサリを突いては来るんだけど、その形状からなのかバク!と喰い付いてこない。

 

そのうちに喰い付くだろうと喰わせてると、飽きるのか全然喰ってこなくなる。

 

そうこうしてると今度はダボとカニが群がってきて邪魔をし始める。

 

う〜ん…、やはりイソメみたいにスルスルっとお口に入るエサじゃないと穴釣りでは厳しいか。

 

っという訳でアサリエサはボツになりました。

 

 

本日は雨の影響からかアタリは遠いし喰いも浅いので、なかなか厳しい釣りになりそうだ。

そろそろ穴釣り本番サイズが来てるね

気持ちを入れ替え、例年のハゼの穴釣りの考え方に切り替える。

 

つまりエサは大きめに付け、深めの穴で静かに慎重に誘いを掛ける。

 

するとハゼがチラホラと上がり始めた。

 

今までが異常に釣れただけで、もう11月に入ってるんだから通常のハゼの穴釣りバージョンで釣った方が良さそうだ。

 

 

数は上がらないけど、そこそこサイズのハゼが上がってきて、その引きの強さと重量感が楽しい。

 

でもさすがに18cmクラスになってくると、ハリ掛かりで一気に横穴に入られて出てこなくなる事もある。

 

竿が小物用だからハゼの引きに負けてしまうんです。

 

この状態でやることは、
@竿をゼロテンションにしてハゼが動き出すかどうか、しばらく様子を見る。
Aハゼが動く挙動が伝わってくれば、ハゼが動いた隙にハゼを抜き上げる。
B全く挙動すらも無い場合は根掛ってるので外すかぶった切る。

 

悔しいのが、最初はハゼの挙動があるから抜き上げる前提でゼロテンで待ってるんだけど、ますます穴深く潜られて道糸が岩の間に挟まってしまう事態。

 

もうこうなるとアウトで、ハゼはハリ掛かりしてるんだけど道糸を切るしか無くなります。

 

苦渋の選択で本日はコレが2回ありました。

 

大型ハゼが掛かった時に多いんだよね〜。コレ!

 

んじゃ〜、ハリ掛かりしたまんまのハゼは死んじゃうの?ですが、ハゼは自分でハリを外します。

 

彼らにはその能力が備わっているから、自然て改めてスゴいな〜と感心します。

 

 

本日はどういう訳か根掛りが多くて、仕掛けの作り直しが5回、ハリなんて10本以上無くなりました。

 

まぁ、釣れない時っていろんな穴を探るし、他の釣り人が見逃すであろう発見しづらい穴や隙間に仕掛けを落とすから、根掛り率が上がるんですよね〜

 

 

っという訳で本日は3時間30分ほどで14匹と少々お寒い釣果でしたが、これでも例年の穴釣りに比べれば釣れたほうですよ!

 

慰めが18.5cmを筆頭にそこそこの大型クラスが上がってるから、そろそろ穴釣り本番の様相を呈して来てますね。

 

数が釣れるのは確かに楽しいんだけど、穴釣りの醍醐味は大型ハゼの引きの強さと重量感なので、それが出始めているのは期待がもてます。

 

数はもういいから、これからは釣り場が落ち着いてきて大型が上がってくればいいな。

 

早く20cmオーバー上げたいな〜!

そこそこの大型サイズも揃ってきている

 

最大は18.5cm

 

こんなリリースサイズも上がってくる。でも13cmはあるよ!

 

 

なにはともあれ、ケツのかゆみのように無性に我を忘れて打ち込めるものはあるだろうか?

 

釣り?

 

ヘッ…!そんなもんケツに比べればメじゃないね!

 

仕事でも趣味でも恋愛でも、これくらいの無性な行為にいつかめぐり逢いたいものである。

 

 

 

次の記事>>>「2020年24回めのハゼ釣りは特に何も無いのですが…」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク


2020年23回めのハゼ釣りはそろそろ落ち着いてきたかしら関連ページ

復活の『しおじ磯』※ハゼ釣行ではありません!
昨年から工事していた【しおじ磯】の工事も終わったので、偵察に行ってきました。 結構オープンな雰囲気だったので、ハゼ釣りもし易くなって良かったと思う。
祝!2020年夏シーズンのハゼ釣り開幕
2020年度夏シーズンもいよいよハゼ釣りが開幕しました!っても、まだ5月なんだよね〜
2020年夏シーズン2回めのハゼ釣りは早期撤収!
2020年度夏シーズン2回めのハゼ釣りは早々に撤収を余儀なくされた。だって…
2020年夏シーズン3回めのハゼ釣りはリベンジ
2020年度夏シーズン3回めのハゼ釣りは、先週のリベンジに出撃!雨が結構降っていたのですが、雨のハゼ釣りは釣れるを信じて。
2020年夏シーズン4回めのハゼ釣りは玉砕…
2020年度夏シーズン4回めのハゼ釣りに行きましたが、予想に反して激渋なハゼ釣りとなりました。
2020年夏シーズン5回めのハゼ釣りは粘って粘って…
2020年度夏シーズン5回めのハゼ釣りに行ってきました。何とか粘って目標達成しました。
2020年夏シーズン6回めのハゼ釣り【多摩川羽田付近】
2020年度夏シーズン6回目のハゼ釣りです。昨日はタコ釣りで早朝(というか夜中)活動で、今日のハゼ釣りも早朝から…2日連続はキツイっす!
2020年夏シーズン7回めのハゼ釣りは何だかな〜
2020年度夏シーズン7回目のハゼ釣りの記録です。ようやく梅雨が明けてさぁハゼ釣れるぞ!と期待していたのですが…
2020年夏シーズン8回めのハゼ釣りは玉砕!
2020年度夏シーズン8回目ののハゼ釣りに行ってきました。予想通り玉砕のハゼ釣りとなりました。
2020年夏シーズン9回めのハゼ釣りは新規開拓
2020年度夏シーズン9回目のハゼ釣りは新たな釣り場に行ってきました。もうマンネリ化していたハゼ釣りですが、やっぱり新たな釣り場は良いもんですな!
2020年夏シーズン10回めのハゼ釣りは釣れないな〜
2020年度夏シーズン10回めのハゼ釣りは前回に引き続きの現場。しかし、やはりというかハゼが釣れないですな〜
2020年夏シーズン11回めのハゼ釣りは現場は絞るべき
2020年度夏シーズン11回めのハゼ釣りですが、ちょっと寄り道しまして…やはり釣り場は絞るべきで、ウロウロしてはイカンですな。
2020年夏シーズン12回めのハゼ釣りはドン底…
2020年度夏シーズン12回めのハゼ釣りに行ってきましたが、もうど〜しようも無いくらいに釣れない… 手の施しようがないですな。
2020年夏シーズン13回めのハゼ釣りは上向き傾向か!?
2020年度夏シーズン13回めのハゼ釣りに行ってきました。激渋だったハゼ釣りも上向きになってきたハズ…
2020年夏シーズン14回めのハゼ釣りは初めサッパリ粘りで勝負
2020年度夏シーズン14回めのハゼ釣りは、初めはもうど〜しようもなかったけど、結果的にはまぁまぁかな…
2020年夏シーズン15回めのハゼ釣りは久しぶりの1束超え
2020年度夏シーズン15回めのハゼ釣りは久しぶりに1束以上釣れました。この前「1束の期待が出来るカモ」と豪語しちゃったもんで、それが達成できて良かった良かった。
2020年夏シーズン16回めのハゼ釣りはいっそのこと…
2020年度夏シーズン16回めのハゼ釣りですが、まぁ渋いですよ!どうせならハゼが全く釣れない方があきらめも付くのですが…
2020年夏シーズン17回めのハゼ釣りは投げてはみたけども
2020年度夏シーズン17回めのハゼ釣りは久しぶりにリールを使っての投げ釣り。まぁ、ハゼが釣れなくはないが…
2020年夏シーズン18回めのハゼ釣りは真っ昼間にて
2020年度18回めのハゼ釣りはお昼からの釣行となりました。まぁ、ダメなことを繰り返してもしょうがないので変化球にて。
2020年夏シーズン19回めのハゼ釣りはけっこう良いな!
2020年度夏シーズン19回めのハゼ釣りは意外にもハゼが釣れたらしい。涼しいは涼しいで安定してきたからかな…
2020年20回めのハゼ釣りは祝!秘密の花園開幕!!
2020年度20回目のハゼ釣りは、今シーズン初の穴釣り場『秘密の花園』での釣行になりました。期待薄だったんだけど釣れたね!!
2020年21回めのハゼ釣りは早期撤収!
2020年度21回めのハゼ釣りに行ってきました。本日もハゼの穴釣りですが、体力温存でサッサと帰ってきました。
2020年22回めのハゼ釣りは釣れ続けるのもどうかな…
2020年度22回めのハゼ釣りに行ってきました。当然ハゼの穴釣りなんですが、今季は以上と言えるくらいに数が上がっているのですが、どうなんだろ…?
2020年24回めのハゼ釣りは特に何も無いのですが…
2020年度24回めのハゼの穴釣りに言ってきました。まぁ何ですよ、特にトピックも無いのでハテ?どうすべ?